sc_2014-09-07 20_08_20


第10話 嵐になるまで ーBefore the Warー


▼人工呼吸

sc_2014-09-07 19_05_40
sc_2014-09-07 19_05_50
「アルドノアドライブが停止したようです・・・」
「姫様が生きている限り他人が
勝手に止めることはできません!」


sc_2014-09-07 19_06_12

 ∧_∧ ということはつまり・・・・。
( ,,゚д゚) 姫の心臓とアルドノアってどういう仕組みで繋がっているんだろ?


sc_2014-09-07 19_16_06
「至急メディックを寄越してください!」
「艦長!どちらに!?」


sc_2014-09-07 19_16_11
sc_2014-09-07 19_16_16
「呼吸、心拍共に停止」


sc_2014-09-07 19_16_19
sc_2014-09-07 19_16_47
「カウンターショック200ジュールセット」


sc_2014-09-07 19_16_53
「私がやります!」
「ダメだ!体重が軽い」


 ∧_∧
( ,,゚д゚) あのイナホさんがやたら積極的じゃねぇか・・・


sc_2014-09-07 19_17_04
「手際がいいですね」
「学校で習います」
「学生はまじめに習いません。人工呼吸を冷やかします」


sc_2014-09-07 19_17_10
 ∧_∧ 姫の命を救うためだからね!
(, ゚∀゚) イケメンなら問題ない!



sc_2014-09-07 19_17_26
「代わりましょうか?」
「大丈夫です」 

sc_2014-09-07 20_08_20

 ∧_∧ 
(, ゚∀゚) そしてTAKE2じゃあああああああああ!!



sc_2014-09-07 19_17_36
sc_2014-09-07 19_17_37
sc_2014-09-07 19_18_26

 ∧_∧ 
(, ゚∀゚) 姫復活!イナホさん万々歳!


sc_2014-09-07 19_18_16
sc_2014-09-07 19_18_35
「シャワーを浴びて倒れたみたいなんです」
「私は・・・」


sc_2014-09-07 19_19_42
sc_2014-09-07 19_18_45
「動かないで!」
 
 ∧_∧
(,^ω^) 拳銃奪うのチョロ過ぎwwwww



sc_2014-09-07 19_20_22
「君は何者だ?」
「ヴァース・・・いいえ、火星人よ」

 ∧_∧ ついに自分が姫暗殺を企てた火星人であることを話したライエ。
(´・ω・) 火星人に裏切られたけど地球人でもないことにいら立ちます。


sc_2014-09-07 19_22_48
「ごめんなさい・・・
私がアナタを不幸にしてしまったのですね・・・」



sc_2014-09-07 19_22_58
sc_2014-09-07 19_23_06
「どうしてアナタが泣くの!?
お父様はアナタを殺そうとしたのよ!」



sc_2014-09-07 19_23_16
sc_2014-09-07 19_23_35
sc_2014-09-07 19_23_40
「何やってんだろ・・・私・・・」


sc_2014-09-07 19_24_03
sc_2014-09-07 19_24_16
 ∧_∧ イナホさんスゲェ!
(, ゚∀゚) あの距離をどんだけの速さで移動したんスか!?


sc_2014-09-07 19_24_44
sc_2014-09-07 19_24_52
sc_2014-09-07 19_25_23
sc_2014-09-07 19_25_37
sc_2014-09-07 19_26_10
sc_2014-09-07 19_26_03
sc_2014-09-07 19_27_18
sc_2014-09-07 19_27_51
「ありがと、こんなところ今までに比べたら天国みたい」
 ∧_∧ 
(,,・∀・) でもどうせすぐ戦力になるんでしょ?

 
sc_2014-09-07 19_28_14
sc_2014-09-07 19_28_17
sc_2014-09-07 19_28_28
sc_2014-09-07 19_28_40

 ∧_∧  姫が復活したことで艦も再起動。
(,,・∀・) これが一艦に一人いれば動くオール姫電化。
 


▼ヴァース:歴史

sc_2014-09-07 19_29_34
sc_2014-09-07 19_29_32
sc_2014-09-07 19_30_08
sc_2014-09-07 19_31_08
「これを知っているか?
オルレイン子爵のカタフラクトだ」

「オルレイン子爵・・・?」


sc_2014-09-07 19_31_16
「我妻となる女性だった」

 
sc_2014-09-07 19_31_35
sc_2014-09-07 19_31_56

 ∧_∧ 
(´・ω・) 水と空気が枯渇しヴァースは住めない星に・・・。


sc_2014-09-07 19_32_11
sc_2014-09-07 19_32_17
sc_2014-09-07 19_32_22
sc_2014-09-07 19_32_27

 ∧_∧ 
(´・ω・)  二代目皇帝は工業力に力を注ぎ施設だけはやたら近未来風に。


sc_2014-09-07 19_32_41
sc_2014-09-07 19_32_57
sc_2014-09-07 19_33_00
sc_2014-09-07 19_33_07

 ∧_∧ 苦しい生活はしたけど『全部地球人が悪い』って
(´・ω・) 言ったらみんな賛同しちゃった・・・。


sc_2014-09-07 19_33_27

 ∧_∧  それで地球侵略に来たけど、その先鋒に選ばれたのが
(,,・∀・) ザーツバルム伯爵とオルレイン子爵。


sc_2014-09-07 19_33_33
「なんと貧弱な・・・これでは覚悟を決めて
降下したかいがございません」


 ∧_∧ 
(,,・∀・) CV:能登麻美子


 
sc_2014-09-07 19_33_38
sc_2014-09-07 19_33_41
「肩透かしを食らったなオルレイン」
 ∧_∧
( ,,゚д゚) 伯爵イケメン過ぎるだろ・・・・

 
sc_2014-09-07 19_33_50
sc_2014-09-07 19_33_55
sc_2014-09-07 19_33_59
sc_2014-09-07 19_34_04

 ∧_∧ 
(´・ω・) ハイパーゲートが暴走しまもなくヘブンズ・フォールが来ます。


sc_2014-09-07 19_34_10
sc_2014-09-07 19_34_18
sc_2014-09-07 19_34_20
sc_2014-09-07 19_34_23
sc_2014-09-07 19_34_27
sc_2014-09-07 19_34_29
sc_2014-09-07 19_34_30
sc_2014-09-07 19_34_37
 ∧_∧ オルレイン子爵はヘブンズフォールに巻き込まれ死亡・・・。
( ,,゚д゚) なのに何で鞠戸大尉が生きているんだよ!?



▼地球連合本部

sc_2014-09-07 19_35_28
sc_2014-09-07 19_35_40
sc_2014-09-07 19_35_43
sc_2014-09-07 19_35_44
sc_2014-09-07 19_36_50
sc_2014-09-07 19_37_18

 ∧_∧  核攻撃にも耐えられる超凄いシェルターに到着。
(,,・∀・) でもここまで辿り着いた人間はかなり少ないのだとか・・・。


sc_2014-09-07 19_39_09
sc_2014-09-07 19_39_25
sc_2014-09-07 19_39_28
「ありがとうございますイナホさん。
私の命を助けて下さったそうですね」


sc_2014-09-07 19_39_33
「戦争ですから」
 ∧_∧ 
(,,・∀・) 惚れたからやろ!


sc_2014-09-07 19_39_51
「これからも友達でいてくれますか?」
「はい・・・」
 ∧_∧ 
(´・ω・) スレイン君もイナホさんも恋愛対象には入らないのか・・・


sc_2014-09-07 19_40_20
sc_2014-09-07 19_40_29
「祖国ヴァースに告げます!
この無意味な戦争の即時停戦を命じます!」





sc_2014-09-07 19_41_24
sc_2014-09-07 19_41_50
sc_2014-09-07 19_42_17
「月面基地は我が管理下にある。
姫殿下の声明は誰にも届くことは無い」


 ∧_∧ せっかくの姫の演説が無意味になった!?
( ,,゚д゚) やっぱ伯爵強過ぎるぜ・・・・。


sc_2014-09-07 19_42_56
sc_2014-09-07 19_43_00
sc_2014-09-07 19_43_03
sc_2014-09-07 19_43_10
「父君への義理は果たした。我が軍に付くもよし。
地球に逃げるもよし。好きにせよ」

 ∧_∧ 義理堅い待たれよ卿カッコ良過ぎる・・・。
( ,,゚д゚) そして射撃のコントロール高すぎる・・・。


sc_2014-09-07 19_43_34
sc_2014-09-07 19_43_43
「目標ロシアノヴォスタリスク地球連合本部!」


 
 ∧_∧ ついに最終決戦ですか・・・。
(´・ω・) スレイン君がこれからどのような行動を取るのか気になりますねぇ・・・。