sc_2014-12-07 13_37_32


第22話 旅路の果て




































アスナさんにはスーパーハカーの旦那が居るからね #sao_anime pic.twitter.com/MgZt28ZVU9






























































くっ…!今日のソードアートオンラインの放送、生で観たかったがシンガポールからでは…。仕方ない、冬コミの原稿描いて気分を紛らわそう…。どのみち急がないと間に合わないし。 #sao_anime pic.twitter.com/HKilH9LGne


▼感想まとめ

話の内容がリアルに実在する内容で、なかなか見ているのが辛かったのだ(`・д・lll)


キリトの技術が、ユイのため自分の職のため、『SAO』シリーズでの進捗のためってだけでなく、マザーズ・ロザリオ編で必要なものだったという……アスナ主人公の番外的な内容だと思ってたのに、要所要所さすがのキリトさんだった。


スリーピング・ナイツは、全員がエイズ・・・と言うわけでは無いが・・・。
マザーズロザリオ編では、ラストに僅かな救いが・・・。
キーワードは「サバイバー」



OPでユイのポジが消えて絶剣入ってきてたのは一応伏線?


マザーズロザリオはほんとダメ・・・。涙が止まらん・・・。


的確なアシストを完璧なタイミングでキメるキリト君(裏方)はやっぱストーカーなんじゃね?的な莫迦なこと考えてこころのへいおんを保つのだ…


大学で医療系のことを習ってる自分には聞き覚えのある単語がすごく出てきて凝ってるなーって思ってて気付いたらウルウルしてて、ED聴いてハッとしてボロボロ泣いてて要するに次週楽しみ


先生もやるせないだろうね。
例えばフルダイブ技術は、現実世界で視覚障害、聴覚障害のある方にとっては、この世界の中でならそれに触れられる。
けれども、病気自体を治すことはできない訳なのだから。
根本的な解決にはならない訳だもの。



家庭用よりも高性能な医療用の装置から接続していたからキリト並みの反応速度を得られたということかな。


フルダイブシステムとナーヴギアは創作だとしても、考え方としては医療系の話に使えると思っていたが、マザーズ・ロザリオがそうだったか。まあ、精神・記憶障害や神経系疾患、依存症治療かと思ったけど、流石に、そこまで本格的ではなかったね。


つか朝から泣いたんだが。何?朝って涙腺決壊してんの?うん。ラストのユウキちゃんとの再会シーン知ってたのに泣いた


ソードアート・オンライン2 22話 あー、もうこれズルイって。解っててもぞわっと来たし泣きそうになった。まさかターミナルケアが出てくるとは思わなかったけど、ユウキのALO内とリアルの差とか物凄く説得力あったなぁ。それらを踏まえて再会するシーンが凄かった


『ソードアート・オンラインⅡ』22話視聴
ついに明らかになったユウキの秘密…。
感涙度マックスのエピソードでした…。目から汗が…。
フルダイブシステムがもしも実現した場合、確かにこの方面での利用や応用も考えられるでしょうね。


SAOII22話「旅路の果て」。
嫌な予感が的中してしまったよ。まさかユウキがAIDSだったなんて…。しかも今はもう末期で、3年間もダイブし続けてるなんて。多分、アニメでこんなに泣いたのはあの花以来だろう。もうSAOなんか見たくねえよぉぉ!!(でも見る)



22話見た。泣いた、久しぶりに。ユウキのALOとリアルでの差に、病状の進行具合が痛いほど伝わってきて…。


ユウキくんの声がまどマギをは思えん。でも、深みある僕ッ娘の声だ。声優すげぇ。


SAOⅡ22話視聴。ユウキちゃんは苦痛緩和の為にフルダイブしたままの臨床被験者だった、と・・・切ないね。泣けると予想はしていたけども、最終回は確実に涙無しには観られない展開だろうなぁ。ところで、ユウキの居る場所を特定したキリト君の情報収集能力が凄い(笑)


昨日寝てて見れなかったSAO見た
やばい…ほんとやばい…
本編中も出たけど、EDのシルシ流れて一気に噴き出してきた
涙が…





もうじき終わりだね。マザーズ・ロザリオ編も



これユウキ死んじゃうんだろうなぁ・・・。スリーピングナイツのメンバーも
もう一人死ぬみたいだし辛すぎる・・・。
次回キリトさんのあのカメラが大活躍かな?

   ∧,,∧
   ( ´・ω・)
   (っ||o)
 ̄ ̄ `――´ ̄ ̄ ̄\


▼関連商品


ソードアート・オンライン マザーズ・ロザリオ (1) (電撃コミックスNEXT)ソードアート・オンライン マザーズ・ロザリオ (1) (電撃コミックスNEXT)
葉月翼,川原礫,abec

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2014-12-09

Amazonで詳しく見る