sc_2014-12-19 10_50_54


第11話 WHAT COLOR?






































































































































#サイコパス2期お疲れ様でした
#pp_anime
サイコパス2期お疲れ様でしたを込めて、、、
映画も楽しみにしてますっ!! pic.twitter.com/zIGsprsHth




▼感想まとめ

サイコパス2 最終話…結果的に見れば、良い「大掃除」になったのかな。ただ、朱ちゃんの負った犠牲は大きかったね。だからこそ、彼女がいちばん優位に立つ資格があるのかも。彼女がシビュラに自らの不完全さを一部認めさせて、カムイに色をつけて、彼を裁けたわけだし。


常守朱のストーリーは劇場版で終わりになるべきだろうとは思うけど、まだまだ色んな問題を描ける作品だよね。サイコパスはこれ以降も続いて欲しいわ


なんだかんだで二期は面白かったよ アンチが暴れやすい構成になってるからしばらく荒れるだろうけど、過ぎ去るのを待つしかないね


サイコパス2期は2期ってよりシビラの疑問を解決する為の番外編って感じだったなぁ
こーゆー感じならこの話映画でもイケたんじゃないか?



朱ちゃん、次は鹿矛囲までスタンドとして呼び出したりしねぇだろうな…
狡噛:刑事、監視官としての自分を保つスタンド
鹿矛囲:自分の中の正義、法のあり方が怒りで揺らぎそうになった時に落ち着けてくれるスタンド



霜月ちゃんは自分の身を守るために本能で思想をシビュラにすり寄せたようにも見えた。もしそうなら、もしそれでサイコパスに影響なく生きていけるなら。
それは思想と行動が乖離された人間が大量に発生し、新たにサイコパスが役に立たない事例が発生するのではないかという考え。



自らの意思で法を護る常守監視官と、体制に頭を垂れるしかない霜月監視官。同じように見えて違う二人の対比。 


弥生さんは二期での活躍を期待してたが二期でもあんま活躍なかったけど、最後の描写的に東金に情報漏らしたのは霜月だって気づいてるよね。そこで少し救われた


集団のサイコパスを認めることによって、自身をも裁けるようになったいうことは

シビュラシステムという一つの個体から構成員を解放し、それを個として認めるわけだ

つまり集合体として神であったシビュラをひとりの免罪体質者、ただの人間にしてしまった



霜月は、サイコパスをクリアに保つため、自分は悪くない。自分はシビュラのためにやっているのだ。という責任転嫁をしているのか。シビュラを受容しながら、シビュラ無しの社会を模索する朱ちゃんと両極をなす立場になったんだね。


シビュラと対する立場として狡噛さんが劇場版で登場するとしたら、朱VS狡噛となりそうだけど、朱ちゃんはシビュラ無しの社会が実現できるなら、反シビュラになり狡噛さんと共闘しそう。二人がコンビを組み闘う姿がみたいけど。どうなるか?


2期のギノはナイスポイントのみで活躍したので逆に影が薄かったしクニヅカさんも霜月絡みばっかりで輝いてたから全11話の限界を感じたのはその2人に関してが一番濃かった。その次としてはやっぱり東金とカムイの薄さかなぁw いや11話でよく纏めたけどね。


集団的サイコパスを成立させた上で私達の犯罪係数を上昇させる要因を廃棄する」ってことは、シビュラシステムを構成する脳味噌達からそういう奴らをなくしたってことか?だから最後に「システムに多くの空席ができた」って局長が言ったのか?


カムイさんは全能、
マキシマムは完成された子供ってイメージ



サイコパス2最終回面白かった。東金の人工的AAが失敗に終わった理由とか肩すかしな所もあったけど、きちんとばら撒いたものを畳んだ最終回でした。3か月とても楽しく見れました。冲方さん脚本のサイコパスもっとみたいけど、とりあえず劇場版楽しみにしてます。お疲れ様でした


霜月もまたシビュラが生み出した怪物なのかもな。


2期の命題、率直な疑問だけどたしかにわからない「シヴュラはシビュラを裁き得るか」という切り口がとにかくよかった。引用合戦がない代わりに各話タイトルと雑賀先生の解説がいい味だしてた。解説が抽象例で常に展開を先行してるっていう 


弥生さんは霜月が情報流したって、なんとなく感づいてるんかな


サイコパスは3とか4とかアメリカのTVドラマ並にシリーズが続いて行くんじゃないかと期待 あかねちゃんが段々年を取っていく感じ 多分サイコパス第6シーズン辺りでは局長になってる的な


なんかなー…シビュラは成長した、話としては面白かったけど、1期のマキシマムさんの主張の方が面白かったって言うか…


2期は東金とカムイきゅんが主人公の物語だったでござる。
カムイきゅんは最期まで貫いてた!



弥生との会話を見て、霜月の心は今まで以上に深く閉ざされるんだろう。多分、前と比べて朱と叩く行為は少なくなるんだろうな。だってシビュラのお気に入りだし。朱とシビュラの関係性は知る事はあるのか、ないのかで大分変る気がする。


最終回の途中まで霜月を生かしておく意味あるのかって思ったけど、意味があったね。次に朱を黒く染めるという役割を引継いだわけだ。


1期ラストも含めて朱ニキは一貫して「シビュラを守らない」。早くしないとてめえの大事な存在意義がなくなるぞ?とライターを火に当てながら脅してシビュラさんが泣く泣く要求を呑む。流石のシビュラさんもまた朱に赤っ恥晒されるのは嫌だから、その為の霜月なんだろうな 


PSYCHO-PASSは二期も相変わらずハッピーエンドなんかじゃなかったけど、朱の「逆境に苦しんでも、大切な人を亡くしても、決して自分で決断することを諦めない」というスタンスは貫き通されたので、なんか不思議な読後感だった。劇場版も楽しみやね


最後まで依存し続けた東金さん、依存することを選んだ美佳ちゃん、そして脱却したのは雑賀先生と朱ちゃんか。(朱ちゃんが煙草を置いて去るシーンは、そういう事だよね?)酒々井さんはまだしばらく依存が解けない気がするな…解けたとしたら執行官として戻ってくるんだろうか…


しかし、本当に出てこなかったな狡噛さんw



 ∧_∧ 霜月ちゃん完全に敵側になっちゃいましたか・・・。劇場版で霜月ちゃんと
(´・ω・) 和解ってのは多分無いだろうしこれ3期あるでしょ!


▼関連商品