sc_2015-01-08 10_06_17


第13話 悲しみよこんにちわ


田宮良子の「黙れ」にどんな仕掛けがあるんだろうか…w




田村玲子が動き出して、重要キャラ倉森登場。田村玲子の変化はストーリー上かなり重要なので、今のパラサイトの思考を覚えておく事が必要。


寄生獣やっぱ面白いわ 切り方がいちいちうまいね


おお〜良い切り方。ICカードで改札を抜けるところが現代だったね。あと前からだけど原作と違って冬服ってのが観てて楽しい




艦これのアニメって寄生獣と丸かぶりしてるんか…w


展開が一気に進んだし、第2クール開始の1話目としてはめっちゃ良かったんじゃないか


泉くんの目って、なんだかかわいてる 
sc_2015-01-08 10_07_43



里美って叫びが痛々しい・・・あの手を突き付けられたような新一君が、一瞬で冷静に戻った辺り完全に屈しちゃってるんだよなあ。まあ、巻き込みたくないのもあるだろうけど。


メガネかけてた頃の新一くんはもういないんだな…


んーこっちは新一側の事情知ってるからってのがあるけど村野うざいなwwww


呼び出されたあげくなにもない、じゃキレますわな


話しがあるって夜に呼び出されて、全部言っちゃいなよ受け止めるよ!って答えたのに「なんでもないよ」って言われるの、私って本当なんなのよ…ってなっちゃうよなあ




シンイチはドライアイwwwwwwドライアイwwwwwwドラゲナイwwwwwwwドラゲナイwwwwwwww


実際村野とかお父さんとかなら話しても他人に漏らしたりなんかしないと思うんだよな


新一君と里美ちゃんは毎度、つかず離れず・・・。でもこのギリギリ感が返っていいのかもなあ。双方が生きる道としては。


すごいシリアスで物語が動くシーンなのに、笑ってしまった。許してくれミギー。


ミギー分離すると軽いから刃の切れ味落ちるのかー。




新一×村野のカップリングが狡朱っぽくて激しく萌えてます。恋愛感情というよりは、お互い信頼を置きたい存在でありたいっていうのが良い


寄生獣14話予告…宇田さん再登場、子殺し講義、そして占い師のおばさんは胡散臭さが増し増しw ここで初めて宇田さんのパラサイトが“ジョー”と呼称されるんだけど、忘れてんだか知らないんだか初登場時に文句言ってたのがいっぱいいたね


あーっ!アニメ寄生獣の次回予告が復活してる!




次回は宇田再登場&アゴー(パラサイト)が命名され田村さん大笑いの巻かな。


悲しいな。彼女のことを考えた上での「何もない」ミギーが躍起になって目撃者を消そうとした後で言えるわけがない。それが一番大切な人なら尚更。でも、彼女だけには知っておいて欲しかった、この葛藤。好き。


ミギーさんの殺る気スイッチのONOFFがすごい


最後のシンイチの葛藤すらもスグに落ち着いちゃうっていうね


原画だけ見るとかなり原作に近い気がするんだけどなあ


シンイチがまだ殺しちゃいけないと思ってるっていうのがまだ人間的な部分の描写で、この間の憑物語の世接と暦の違いみたいなのと同じこと言ってるんだなと考えた


めっちゃパース効かせた作画に見える 


ついに来週、占い師か。あのやりとり大好きなシーンなんだよなー


寄生獣アニメきっかけでサブタイの元ネタ小説読みたくなってくる


ああ本当につらい。新一の葛藤する気持ちを村野さん越しの画で狂気的に表現しているシーンがやっぱ印象的ですね。ミギーが殺意に満たされるシーンはゾッとしたな…。実に気持ち悪くてよい…。


新一が急に起き上がって「おっとっと」となるミギーがかわいいw


寄生獣 セイの格率13話視聴 何も語れない新一と本心を打ち明けてほしい村野さんの心情が辛い。探偵に見られて殺意に満ちたミギーを留める新一に人間味を感じた。帰れと言って本当に帰るシーンは不覚にも笑った。辛く悲しい心情で次回へ


寄生獣 13話。寄生生物たちが会合を持ってるのが不気味。個体の生存のみに執着していたのに、社会性を獲得し集団で未来への可能性を話しあっている。いずれ種のための自己犠牲心も生まれるかもしれない
逆に新一は社会から外れていくように見える




全体的に言って引越しおばさんが浮きすぎてる





かなちゃん死んで話が一気に進みましたね!
もう村野にミギーのこと話しちゃえよ・・・じれったいぜ・・・。
あと倉森さんこれからも活躍するのかな?
   ∧_∧
  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
 __|_| / ̄ ̄ ̄/_
   \/    /


▼関連商品


寄生獣 セイの格率 Blu-ray BOX I寄生獣 セイの格率 Blu-ray BOX I
平野 綾,島﨑信長,沢城みゆき,清水健一

バップ 2015-03-18
売り上げランキング : 672

Amazonで詳しく見る