sc_2015-09-01 12_50_53


第6話 月の娘と森の娘


































ライフ・ビューティーきゅんかっこいいぞ pic.twitter.com/OIhQ4rKfM0




同じ手紙なのに展開を180度変えてくるの素直にすごいと思える pic.twitter.com/iI1Rr7FoDi


















▼感想まとめ


あの絵本も、ユリーカと澪愛の話ではなく、お母さんから紅羽への贈り物だったんじゃないかな?だから、森の娘=銀子・月の娘=紅羽だ。だから、月の娘は「お母さんのネックレス」って言ったんだ。銃を持ってたのも爪を出してたのも、お互いの世界のルールを持ってたのかも?


ユリ熊今回の話はEDの歌詞と重なるところが多いね


瀧原さんの描く、「針島」ちゃん・・・、イイジャナイカ('A`)
キャラクターデザインの住本さんのと美術の中村千恵子さんによる絵本パートも良いねえ。



前半の絵本は本当に美しかったな…ピングのメリーさん回もそうだけど、アニメで紙の質感を味わうのって楽しい


6話ですきなのは純花が髪飾りを拾ってもらった話の後で嵐の回想に移った所で。どちらも2人の関係を語るエピソードとしちゃあっさりというか安直と言って良いような話なのに掛け合わさる事で俺の中で3話の回想シーンに付随して紅羽も純花もキャラにぶわっと立体感が出て。


ユリ熊嵐6話見終わり。
だんだん面白くなってきたぞ、なんだかんだ今期1番かも



幾原監督の書く女同士の関係って百合に見せかけて友情だし今回もお母さん世代を見るに百合は一過性のものでやがて卒業して男と結婚するものって感じだけど彼女らもそうなんかな?お婆ちゃんになって天に召されるまで百合って寄り添うことはないというか。ユリなのか百合なのか。 


どうでもいいけどOP曲の「あの森でまってる」
森の娘が待ってるのかな。
森の娘は待ってるというより月まで会いに行きそうだけど。・*・:≡( ε:)【断絶の壁】
とりあえず歌詞調べるか…



おめでとう!と言って、ろうそくを掲げて花壇を燃やすのが物凄く不気味だった。ああいう演出凄く好き


ユリ熊嵐第6話視聴完了
まんま魔女裁判でした。しかしあの手紙は果たして本物でしたか?針島はユリをやっているのに透明の一員でもあるのは一体なぜ?そしてCパートで銀子が取った行動・・・ちゃんとした整理をするにはもう一度観る必要があるかもしりません。



あれ全会一致システムか。2位以降いらねえw


絵本が読み解けない……。鏡に映った自分自身の破壊は分かるんだけど、月と森が……。前提が間違ってたのかなあ……?




6話に出てきた絵本『月の娘と森の娘』売ってほしい


6話でジャッジメンズが言う「あなたのスキは承認される」って、今まで紅羽に言っていたのと比べるとかなり直接的だよなあ。紅羽は何度屋上に行ってもスキが承認されている感じがしないけど、銀子はそのヒントで承認された?んだし



銀子は純花を見殺しにしたのかぁ・・・。
これから紅羽と仲良くなるのか、それとも恨まれるのか・・・。
   ∧,,∧
   ( ´・ω・)
   (っ||o)
 ̄ ̄ `――´ ̄ ̄ ̄\

▼関連商品


TVアニメ「 ユリ熊嵐 」オープニングテーマ「 あの森で待ってる 」
ボンジュール鈴木
メディアファクトリー (2015-02-25)
売り上げランキング: 605