sc_2015-02-12 08_08_00



第18話 人間以上












































































▼感想まとめ




母親か…母は強いな。寄生獣すら変化させるんだから。母の死により空いた穴が、母となった田宮のおかげで、塞がれていく。完璧じゃないか。


悪くない切り方だけどあのEDの最後の画像にするならやはり田宮のシーンで終わらすべきだよな


浦上の狂気がイイ感じ♪ 
放送前に出ていた情報だとコレじゃない感ハンパなかったけど今回のは良かったと思う



多分この先あと50年は「女装してくれたらシコれる」なんて名言は聞けないと思うわ 


『冷血』(れいけつ、原題: In Cold Blood)は、トルーマン・カポーティが1965年に発表した小説。


Aパートはもう泣いて、Bパート終わったら心臓ドキドキ!三浦大知さんの曲がまたいい…。またいいとこで終わるなぁ>_<今週もとてもとても面白かったです!最高です!


人間以上の・・・ってことだったのかね、田宮さんは.。
弾丸を避けることだってできたはずのに。
AパートをBに持ってってそのままエンディングにすれば良かった感 



今日は寄生獣で泣いて、明日は君嘘で泣く予定


「寄生獣 セイの格率」18話。田村玲子の最期。寄生生物の本能を自覚しつつその存在理由と人間について考える。この作品のテーマを考えさせるいいキャラだった。「胸の穴をあけた人にもう一度会う」。これ本当にうまいなと原作で思った。が歌詞ありEDで台無し感が。


寄生獣、泣き所の「母親との思い出」のシーンがBGMで全て台無しにされてる
自宅と旅行先での戦闘BGM、今回の田宮良子でのEDぶち込み……
あと別枠で加奈の葬式シーンにもEDぶち込みやがって!何なんだ一体!



逆にBGM以外は割と納得してる…タメが足りない場所も割とあるけど、BGMほどヤバイわけじゃない。BGMだけは決定的に落第点


新一の涙の回と浦上初登場(1話で出てんだけど)を同じ回にしたのは良かったと思っている。感動できるAパートに、物語が激変するBパートというのは好きなので。男がズリセンこくのの何が悪いんだ()
でも違和感出してしまったのはやっぱりBGMがな、Aパートのな



田村の「我々は人間の子供」って結論良いよなあ。寄生した宿主の脳を乗っ取っても、完全に成り変われる訳でもなく自分自身が宿主や宿主の置かれている環境に影響を受けて、最早本来の自分だったものでは気付いたら無くなってるの。寄生した事で確かに生まれてるんだよな


田宮の時は良子の母の勘や新一の母に対する執着を理解しきれていなかったけど、それに対する確かな違和感が彼女の中に起こっていて。それが母となった時に理解できるという。彼女について考えるほど愛おしいキャラだなあと思えてくる


浦上は加奈とは違うタイプのパラサイトが判る人間。これは人間の多様性を表している。そして、最後へ向けてのキーパーソン。


母親が死んだこと…やっと、やっと、泣けるようになったんだね。おかえり、泉新一くん。


Bパートの自慰シーンのせいで、Aパートの感動がどっか持ってかれたww



浦上って1話で出てきた殺人犯のことか・・・。
なんか新一の正体に気付いた?っぽいし新一これからどうなるんだろう・・・。
   ∧,,∧
   ( ´・ω・)
   (っ||o)
 ̄ ̄ `――´ ̄ ̄ ̄\

▼関連商品


寄生獣 セイの格率 Blu-ray BOX II寄生獣 セイの格率 Blu-ray BOX II
平野 綾,島﨑信長,沢城みゆき,清水健一

バップ 2015-07-22
売り上げランキング : 2911

Amazonで詳しく見る