sc_2015-02-16 11_37_12


第6話 冬に咲く花














































げえええええええええええええええええええええええええええ pic.twitter.com/rdbOfBH499
















いやああああああああああああああああああああああああああ pic.twitter.com/9W3OWwm1Iu








































































































▼感想まとめ




おじさんバックストーリーが語られないからなんか都合の良いキャラとしか


今週もドロンジョちゃん可愛かった
でもおじさんが・・



ガッチャン達の家族は犬も含めて洗脳?か何かで敵になってるっポイのかな


この冬の世界の中で花を咲かせる春を守り続けていたおじさん自身は本当の春を見られないんだなあというか......おじさーーーーん!!!!! いやまあ最終回とかで唐突に生きてた展開でも驚かないというかむしろウェルカムですが!!


安定して面白いわ。所々に伏線があって先が楽しみ


強制労働で連行された奴らが機械化されてヤッター兵とかにされてるのかもしれないな


先週は骨休め回だったけど、今週はお話が進んだ。
目的がキングダム転覆と明確になり、闘争も本格化?
敵に捕まったガリナのように、ガリナとアルエットがお荷物化してるから、早いとこ本物のヤッターマン覚醒が待たれるが……



夜ノヤッターマン第6話ですが、ガリナ救出からの脱走が痛快でした。ポチっとなも決まりましたしね。但し、その手解きをレパードに施した干し柿のおじさんを犠牲にしての脱走でした。今までとは違って、レパード達が「犠牲」を認識しないままに終わってしまったのが悲劇的だ。


ゴローちゃんはガッちゃんのパパンなのかな? 


レパードを助けたおじさんの服の模様や毛皮は、アイヌの人々を連想させるものだったな。かつて北海道から追いやられた民族。レパードたちの一族と重なる。


夜ノヤッターマン6話感想
ラベンダーの花言葉は「期待」。干柿のおじさんがヤッターマンに石を投げたシーンはぐっときた。あとヤッターマンの犬がガリナに懐いてた(?)のと家族写真が今後どう繋がってくるのか気になるな。ガリナの父=本当のヤッターマンだったりw



6話視聴。キングダムに鳴り響いた「スカポンターン!」の演出が美しかった。これが現代のヤッターマンなのね。目的を失ないかけたみんながまた1つになる。瀕死のドロンジョ助けたラベンダーのおじさんカッコ良すぎです。


ラストのドロンボーの絵が象徴的だったけど、6話になって勧善懲悪モードがよりハッキリしてきたな。こういう勧善懲悪モノがあってもいい。そしてこの作品は、母が絶対的な価値基準に据えられている。


ヤッターキングダムが機械に支配されてる説わりと当ってるのかもしれない


というわけで、今回はドロンボーのWINってことで 



 ∧_∧ 
(´・ω・) ゴロー将軍が父親だとしたら最終回で結局死にそう・・・。

▼関連商品


TVアニメ 夜ノヤッターマン オリジナルサウンドトラック「聴クヤッターマン」
加藤達也(音楽)
ランティス (2015-03-25)
売り上げランキング: 9,570