sc_2015-02-21 19_24_00


第20話 バースデイ・ソング




















しかしロンダークって名前聞いて「なんか似た名前の人いたよな......」と思ったらこの人だった pic.twitter.com/1Hp1W3JTNb




























































私なにもあげられるものがないから歌うよ pic.twitter.com/iXqVEpEoS6




























▼感想まとめ


しばらくぶりに本気のバトル作画が拝めましたね。
……どうしても「この世界の個人戦闘ってエルダー・テイルの戦闘とは本当に全くの別物だよなあ……数値的にどういう感じなんだろうな……」とか考えちゃうけどな!



弟妹たちを見捨てない!姉ことロエ2の召喚術が炸裂!そして助けないと言いつつ命令を放つ濡羽。どっちもいい場面だ。最後に五十鈴のオリジナルソングキター!大地人の子達やミナミの面々にも効いてたね。範囲広い!ゲーム時代には無い新しい援護歌の完成だ。よかったよ五十鈴


五十鈴のあの歌って、パーティ超えて影響及ぼしてたから、もしかして〈口伝〉の一種なんじゃなかろうか。


ロンダークさん結構しにかたエグ過ぎてすごいよミズファさんおにちく(ふるえごえ)。そして班長の方は消化不良っぽかったんで、後で新章のシロエさんとのシーンとかセララとの会話で回収するかな?
あ、取り敢えずロンダークさんとミズファさん結構いい味出してたと思う。



しかし、なんだかんだ言って、ロンダークも結局は「現実」を見ちゃったんだよなぁ。
心底ゲームだと思い込めていれば、逆に絶望する事も無かったように思う


今回にゃん太はシリアスなシーンだけに、いつものふんわりした声じゃなくて、張りつめた緊張感のある声で凄く良かったです


「大地人も冒険者も関係ない」と言い放つ格好良い大地人だけど好戦的すぎて不安しかないミズファさん…どんどんミナミ陣営のキャラが明らかになっていくけど、カズ彦さんとKRさん以外のメンバーに不安しかない…。この二人はストッパーとして濡羽のギルドに入ったのかな?


ジョージのマジ声でにゃ口調のままなのはシュールすぎて微妙に感情に困る。
ここの話は班長の凄まじい追い詰められポイントだったけど、その状況でもRPは維持した班長がそれを忘れるほどの状態になることはあるのかなあ……



ロンダークの殺され方が((((;゚Д゚))))原作よりグロくね!?


ロエ2さんは"裏切られた姫の心が"って言ってたけど、それって1期にも出てきたエルダーテイルの伝説だったよね?それなのかな?うおお!ロエ2さんは何者なんだ!そしてシロエに手紙...ってなんだろう気になる〜!


「お前らは主役になれない!」とか「弱いやつは弱さを武器に」とかの発言からも何かへの渇望っていうか、冒険者に対する鬱屈した思いを感じる 


今回はそれぞれの立場から本音のぶつけ合いぶつかり合いがあって、物語のいろんな歯車が噛みあった感じ。
ここからが群像劇の本番だね



ふと思ったけど、てとらがミナミに残ってたらどうなってたんだろうね。アイドルとして良くしようと頑張って、精神すり減らしてそうだけど


ロンダークの言葉も痛かった。アキバの街で無気力になっている人達もオッデセイア騎士団の人達も大地人の人達の言ってることもわかるんだよ(T^T)差はあれどもよくない行動になっているけど。だからどうか最後に皆それなりに納得のいく終わりになってほしい


もうちょっとアニメは続くけど小説としては次週くらいまでしかないから、どういう話になっていくのかわからないから楽しみだし不安だし。ただ原作まだ終わってなくてアニメ化もしてほしいから、変にまとめて終わらないで欲しい。原作たまったらまた続きアニメができるように


ミズファ嬢をみて思うのは大地人はゲーム時代の設定を引き継いでいるのかって事
命を燃やすって意思すらゲーム時代の製作者に書き加えられたミズファ嬢のキャラクター設定にすぎないかもしれない

命は本人のモノだけれど、その意思の方向性は決定されてたかもしれない?



世界級魔法使用者リスト
シロエ 〈契約術式〉
濡羽 〈情報偽装〉
五十鈴 〈バースデイ・ソング〉

ルークインジェのソードプリンセス的に
実はこれ六人までなんじゃね説
ルークインジェって何したんだっけ?



単純にレベルの高い奴は大地人だろうと冒険者だろうと、どっぷりとこの世界に嵌ってるし、世界に強い影響を及ぼしてるっていうのが怖い。何らかの核心に迫ってきているなぁ。


にゃん太さん役の中田さんといえば自分の中でヴァン師匠だなw好きなキャラはギロロだけど。めっちゃいい声!今日のログでトーンさがって班長怒ってるの分りやすかった


しかし、ロンダークとデミデミ…
あそこで一緒にいた二人のそれぞれの道は、なんと遠くなってしまったことよ。
ほんの少しの違いが決定的な違いを生み出す。幸せのカタチは人それぞれだけど、今を見つめることをできた者が、幸せも見出すんだなー。



 ∧_∧ 
(,,・∀・) シリアスでも語尾の「にゃ」を忘れないにゃん太さん素敵ですわ。

▼関連商品


ログ・ホライズン9 カナミ、ゴー! イースト!ログ・ホライズン9 カナミ、ゴー! イースト!
橙乃 ままれ,ハラカズヒロ

KADOKAWA/エンターブレイン 2015-03-27
売り上げランキング : 224

Amazonで詳しく見る