sc_2015-03-17 18_00_45


任天堂とDeNAは17日、スマートフォン向けゲームアプリに関する業務提携で合意したことを明らかにした。マリオなど任天堂の人気キャラクターを使用したゲームをスマートフォン向けに開発・運営し、両社の展開するゲームサービスで幅広いユーザーの獲得を狙う。また、DeNAが保有する自己株式(発行済みの10%、約220億円)、任天堂が保有する自己株式(発行済みの1.24%、約220億円)をそれぞれ両社が取得、株を持ち合う資本提携を行う。

 今回の提携により、両社は任天堂のキャラクターを活用したスマートフォン、タブレット向けのゲームアプリを開発、運営する。任天堂は、ソーシャルゲーム事業に強みを持つDeNAの協力を得て、より幅広い層にキャラクターを売り込むことで露出を高め、売り上げが伸び悩む本業の家庭用ゲーム機の巻き返しを目指す。一方のDeNAは、世界的に人気のある任天堂のキャラクターを活用して、主力のモバイルゲーム事業の強化を図る。

 また、両社が協力する会員向けの新サービスでは、スマートフォンやPC、タブレットなどの多様なデバイスに対応した新システムを構築、今秋の開始を目指す。資本提携は4月2日に実施する予定。

情報元

▼Twitterまとめ


ついに任天堂もスマホ事業へ参入か…。
このタイミング、今更感があるけど吉とでるか、凶とでるか。


任天堂とDeNAが業務提携とな。ついにスマホにマリオかー。


ついに任天堂までスマホに手を出した。ゼルダ最新作!つってスマホでしたパターンとか来るで…お終いだ…


近い内にスマホでポケモンやる時代が来そうだね!


スマートデバイス(スマホ、タブレット)と連携、DNAとの業務提携…マリオ版パズドラも出ることだしいよいよ任天堂もソシャゲ出してくるんかな
それはしない的なとこを言ってた気がするんだが


スマホでカービィを愛でるアプリが
出たらさ…タップでプニプニしたり
スワイプで撫でたりとかできるじゃん。






▼関連商品


New ニンテンドー3DS LL メタリックブルー
任天堂 (2014-10-11)
売り上げランキング: 33