sc_2015-03-20 13_40_54


第22話 春風










































































































































































































































やっぱり君でよかった
届くかな
届くといいな

有馬公生君

君が好きです
好きです
好きです pic.twitter.com/5CqeK2K7Mi




























▼感想まとめ


四月は君の嘘、この作品に出会えて、本当よかった!この作品に携わった人、全員に感謝が言いたいです!人との出会いの素晴らしさ、生きてる事がどれだけ幸せな事か、それを改めて気付かせてもらいました!悔いのない人生を!カラフルな人生を送れるように頑張るぞ〜!


ちょっと一歩引いた目でみると、かをりといい、椿といい、個性は違えど可愛くて素敵な女の子に好きと言ってもらえる公生は羨ましいですよね。きっと、渡もそう思っているはず。


君嘘最終回泣いた。・゜・(ノД`)・゜・。
名作やろこれ。作画も2クール通して全然崩れなかったし凄い



21話まで、原作を丁寧に映像化していたのに、22話のAパートは原作43話のストーリーを大幅に省略して映像表現に拘っていた。前回43話に少し入り込んだのはそのためだったか。しかもこれまでと打って変ってハイコントラスト、ハイキーで鮮やかな色使い!凄いの一言


もう20代だけれどピアノを始めました。新しい趣味を、色を僕にくれました。よく泣きました。作り上げてくれた、スタッフキャストのみなさんに、ありがとうと言いたいです。ありがとう。かっこよくなったな、公生。


かをちゃんが光に消えるシーンが悲しいけど、なんかすごすぎるw


かをりが暴力を振るった相手は公正だけ。かをり以外で公正に暴力を振るうのは椿。椿が羨ましくて、椿が大好きな公正と接するように接したかったってことだろうね。


演奏シーンとか桜の花びらが舞うシーンが動くのを見て、これはアニメ化して正解だった作品たなと思った。


君嘘22話 開始二分ぐらいでやばい・・・バラ1との合わせ技の破壊力、ピアノ綺麗、画面のすべてがきれい。印象深い思い出は時が止まった1つの写真のよう。コーダに入ってから拍と画面の切り替えが同時だったので少し笑ってしまったが、グッとくるAパートだった 


君嘘は一昔前のエロゲっぽいという意見も一昔前の携帯小説っぽいという意見もわからなくはない。アニメはやや過剰演出のきらいもあったが、最後の演奏シーンは素晴らしかったから文句なしですわ 


録画しておいた四月は君の嘘の最終回に朝からボロ泣きさせてもらいました。特に演奏中の演出は、本当に美しくて切なくて言葉に表せないくらい素敵でした…。感動…!!


君嘘最終回のかおりちゃん嘘でしょw?
ほんとは生きてるでしょ?ねぇなんなのマジで?



声優さんやスタッフさんの魂の感じました。公生の視界はカラフルに、かをちゃんの存在が公生を独りにさせなかった。四月は君の嘘というタイトルがわかりやすく表されているところ、演奏を鮮やかに表現しているところ。どれもこれも一級品でした。私たちに感動をありがとう。


かをりは椿が公生の事を好きなのを知ってて、椿も公生がかをりを好きでかをりも公生の事が好きなのを知ってて、渡もかをりと椿が公生の事を好きなのを知ってて…かをりと椿に気持ちを伝えられるまで全く気づかなかった公生。 p.twipple.jp/LQOLp


『四月は君の嘘』最終回素晴らしかった。ショパンのバラードを丸々使ったのは大正解だと思います。映像が音楽に物語を十分に語らせた演出は、最後の手紙と相まって、抜群だったと思います。


君嘘予想以上にいいラストでティッシュたりない。切なすぎる。。


君嘘みてきました
最後まで見てよかったわ
2つのedの使い方卑怯やわwww



あかん、二回目も大号泣。
でも一回目よりさよならってよりはありがとうって気持ちが大きいかなぁ
渡は絶対本気でかをりちゃんのこと好きだったよな、それなのにいなくなった後に公生に明るく優しく接するのはすごく勇気のいることだったと思う




 ∧_∧ やっぱりかをり死んじゃったか・・・!蛇足なのかもしれないけど
(;´Д`) この後の公生がどんな活躍をするのか見たいなぁ。

▼関連商品