sc_2015-06-07 23_15_33


第10話 雄たけびでスタート




































































































▼感想まとめ


池くんと重ねられるエーちゃんって凄いな。ナツちゃんはスカウトマンになった方がいい








テニスにおける左利きって北斗の拳で例えると内蔵の位置が逆にあるサウザーみたいなもん?


左利き有利の理屈は逆に不利要素にもならんのかな。


ポイントを着実に押さえた努力あってこその急成長。でも急激な進歩のデメリットも確かにあって、それがここで出てきた、と。


ベイビーステップ(第2期) 第10話見終えた。考えろ考えろ考えろ!超考えまくりのえーちゃん、こっちの方がえーちゃんらしい。このまま頭でっかちを貫いて壁を突破してほしい


ままならないなー。フィクションなのに現実寄りのこの作品らしい。でも、それで潰れて終わらないのがエーちゃんで、それが彼の魅力。


自分がやっているレジャーレベルのテニスでも、上級者である左利きの人とはやりにくい。フォアのスピンサーブなどは自分のボディに向かって食い込んでくる。野球のツーシームでいうバックドアみたいな感じ。


チビ池くん可愛いよねぇ。荒谷と池くんの対戦回想とかもっと見たいなぁ。なんか貴重な気がするww


やはりこの2度目の荒谷戦は熱いな。ヘタすりゃ6月いっぱいこの試合やで。



そういえばエーちゃんって左利き相手に
したことあまりないんだっけか・・・。
荒谷君のパワーだけでもキツいし結構
相性悪い相手なんですね。
一体どうやって対抗するんだろ?
ショボーン:大1


▼関連商品


ベイビーステップ コミック 1-35巻セット (講談社コミックス)ベイビーステップ コミック 1-35巻セット (講談社コミックス)
勝木 光

講談社
売り上げランキング : 13896

Amazonで詳しく見る