sc_2015-08-16 18_59_31


第十九章 冬の終り












共倒れ狙い サームさんの知恵も借りてる bwnLltYxer




















血と嘘で塗り固められているのだ XWOvv6jSim


(西゜∀゜)アハハハハ八八ノヽノヽノヽノ\/\ GFPLyBQBlx














殿下のお味方になれば頼もしい限り 1829oktUYo






















旗を燃やしたら城から出てきてくれた 煽り耐性0なボダンさん lW7u5vv2qh








側面からの奇襲 騎兵は急には方向転換出来ない fdmyyHUPDp






クパードさんつえええええええええええ FBR6XJhCSf








2000の兵を失って閉じ込もる 無駄死にだった y2XMpGNLTd








クパードさんヒルメスさんに王の器を見出だせず fSjDYqHo3U


もう少しこのままでいたいのでな kMrlXHveNb












二つの重要な布告 パルス人集結檄文と奴隷解放宣言 hp5IND5m4u




現実と劇中の時間が微妙にリンクしていたでござる atCSkg8a7O










▼感想まとめ


戦うことしか脳のないと自らを謙遜するサームさんが参謀をしているのも面白いし、戦いは嫌いじゃないようだけど争いは好まない曲者感漂うクバードさんが武人をしているっていうのも面白い。今後、どんな場面でクバードさんは再登場してくれるんだろう。


アルスラーン、のちに解放王となるって言っちゃってるんだから、この時点で既にヒルメスちゃん負けますって言ってるようなもんだよね。原作読んでも思ったけど、ヒルメス特別ひどい人じゃないんだよなぁ。かわいそうに。


アルスラーンのお母さんの忍耐力もすごいよなーと今思った

おデブに口説かれ続けて3ヶ月以上は経ってると思うんだけど



14歳と半年とは思えないほど短期間で色気だだ漏れ殿下…


第十九章。サームさんギスカール以上に苦労してるな………「せめて私くらい付いてさしあげなくては」って、ヒルメスにはあくまで消去法的に仕えている感じか。彼に比べクバートの自由人ぶりよ。殿下の台詞「ああ」だけ?


ヒルメス意外と部下大切にするよね。過去が原因で曲がってるけど。


ルシタニアの人たち追い出したいのはヒルメスもアルスラーンも一緒なんだね
でも問題はその先だよな



ヒルメスは国を取り戻せない事よりも自分を理解して傍にいてくれる見てくれる信頼できる人が本当の本当に居なくなってしまう事の方が辛そうだな。いや、そんなの誰でもそうなのかもしれないが。親を親族に殺されたっていうのは血の繋がりの拠り所さえ失っている訳だものな…


「アルスラーン戦記」19話視聴。クバード再登場。この自由人、原作でも好きだったんだ。自由人であるがゆえに、堂々とヒルメスに王としての器を問えた。と同時に、あっさり見限るw サームは苦労人だが、だからこそ「あの人には俺ぐらいいてやらなくては」という言葉がしみる。


やっぱりクバードはアルスラーン側に着くんだろな…。


クバード、悪役サイドだけども良いキャラで好きだわーw
王族やそれに仕える人間や宮廷画家といった端正なキャラ達も魅力的だけども
ギーヴやアルフリード、そしてクバードのような破天荒系キャラのほうが好みなのかも、自分は。



クバードの剣は形状から見るに片刃なんで、担いでも肩を傷つける危険はないかと
あと、あれだけデカイ剣は普通の鞘にしまうのが結構面倒らしいので、かぱっと割れる鞘を作ったり油を染み込ませた布で巻いたりクバードみたいに大雑把なのはそのまま担いだりするそうな



ついに久々のクバードさん
ヒルメス殿下、ちゃんと王の器はあるのになぁ。
もっと前の時代に生まれてきて欲しかった。
アルスラーン政権は新しすぎるからなぁ



予告編の金髪少女…!彼女がついに真の姿を晒すのか。予想外の美少女でびっくりした…殿下も充分美少女だけどw、これからますます凛々しい少年王らしくなっていくのかな


あんまり覚えてないと言えば次回予告に出てた金髪美少女が、えっと誰だっけ?原作にあんなキャラいたっけ?状態で、素で首をかしげてるなう。



チラっとネタバレ見ちゃったけど予告に出てきたあの女
・・・・・・マジかよ・・・・・。
ギコ:PC


▼関連商品


アルスラーン戦記 第2巻 (初回限定生産) [Blu-ray]アルスラーン戦記 第2巻 (初回限定生産) [Blu-ray]
小林裕介,細谷佳正,浪川大輔,花江夏樹,KENN,阿部記之

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-08-26
売り上げランキング : 470

Amazonで詳しく見る