sc_2015-08-20 06_55_40


第七話 二人の理由


「六花の勇者」第7話、TOKYO MXにて…始まる模様。ゴルドフ・アウローラ、グラビア風!ただ、宮城先生多忙により、今回のイラスト若干未完成です…がこれはこれでレアということで、ご了承ください。 QgHbTRNSWZ




















CV石田意外すぎてくっそ吹いたwwwwww EB4uK2iWGL






















フレミーのマントがカラスの羽っぽいのは親代わりだった石田凶魔を慕ってるからなんですかね… smWaKodyhU




後悔しろあんたのしてきたことの結果がこれだ yXpgXTX1LL




何というかがんばれよって普通の感想だなw jHuaczK1yV
















皆を守ろうとすれば死ぬのはあなたよ・・・アドレッド iaYTTK09ri




かっわえええええええええ;;;;;;; YCcO7T13yn




























































「六花の勇者」第7話、TOKYO MXでご視聴いただきありがとうございました!宮城先生スペシャルイラストは、VSアドレット超絶バトル真っ最中のハンス!これもレアな作成途中ですー!  4p0O0JfVfT




【ニコ生】「六花の勇者」7話上映会 アンケート結果 nico.ms/lv225967720
ここで初下がりかー、来場がいつもより少ないのは今日だけ誘導ないから仕方ないとして 3pUjUmXj4v


▼感想まとめ


ハンスみたいなキャラは真の意味での敵にはならないパターンだと思うんだよなぁ


ハンスさんはゲスくてウザいが、洞察力はあるな。言ってることは、的外れじゃないよな。


やっぱりナッシェタニアちゃんが怪しいけどどうなんだろうなぁ。


やっぱり姫さん疑う意見多いね〜
好きなキャラだから若干心苦しいが...



姫様はウサ耳付いてるけどゴルドフの方が耳良いんだ 聞こえてるのかもしれないけど


描写足りない奴以外一人だけ露骨に敵フラグ溜め過ぎて逆にミスリードの罠の気もしてきたな。 
ハンスみたいな露骨に敵役っぽい奴は逆に敵じゃない分かりやすいミスリードなんだろうけど。



六花7話:凶魔も頭いい奴いるんだなー声石田さん!フレミーちょっとデレた。チャモは一人で何してるんだ?姫様もちょっと病んでる雰囲気が…(;゚Д゚)しかしこれ7人目を見つけて結界解除するまでで終わりなんだろうか。原作はどこまでやってるんだろう…。




しかし、最近では、化け物が石田彰の声でしゃべり出しても、すっかり違和感感じなくなってしまった。


視聴完了。アドレッドが一気に主人公らしくなってきた。肝心の7人目だがここまでくると逆に姫様ではないと思えてきた。ミスリードな気がする。すると誰なのか。個人的にはチャモがきそうな気がする…


六花の勇者、このまま慎重に推理を進めていってコイツが7人目でしたって結末は王道ではあるけどひょっとしたらパッとしないかもしれないし、もういっそ実は全員偽物でしたみたいなオチの方がインパクトがあって物語としてはおもしろいのかもしれない


ナッシェタニアがハンスを偽物に仕立てようとしてるみたいだったな


六花の勇者で気になるのは今回の時点で偽物が誰か推理できるようになってるのかなあ。設定とか色々見直してみると面白いのかな。


六花の勇者ですが、誰が偽者の勇者だとしても納得できるつくり、会話劇が展開されていますね。ただ、ドラマCDで良いじゃないという話になりますが、アニメにする意味を美術面と戦闘面のクオリティの高さで持って示しています。今期ハイレベルな作品が多い中でも光ってます。


それにしてもフレミーの悠木さんはハマってんなあ。息づかい最高だよ。 



姫様はアドレットを庇うのか・・・。
やっぱ姫様が7人目って可能性は薄れてる
けどそしたら怪しいのは一人で何かしていた
チャモかな?もしかしてチャモの単独行動を
あっさり許したおばちゃんとグルとか?
ショボーン:大1


▼関連商品


六花の勇者 1 [Blu-ray]六花の勇者 1 [Blu-ray]
斉藤壮馬,日笠陽子,悠木碧,鈴村健一,佐藤利奈,高橋丈夫

ポニーキャニオン 2015-09-16
売り上げランキング : 7938

Amazonで詳しく見る


TVアニメ「六花の勇者」ED主題歌第二章「Dance in the Fake」TVアニメ「六花の勇者」ED主題歌第二章「Dance in the Fake」
ナッシェタニア・ルーイ・ピエナ・アウグストラ(CV:日笠陽子)

ポニーキャニオン 2015-09-09
売り上げランキング : 1584

Amazonで詳しく見る