sc_2017-03-02 16_55_06


391: 2017/03/02(木) 09:47:22.51 ID:Rf2XgSiL
詳細バレ

ペコ2 俺があいつで…?

アンナ父「…美女木タイガ?」
タイガ「ん?」

ガラスに映る自分の姿を見るタイガ

(んん?何だ?…これ…)

自分の胸を揉むタイガ

一同「の゛ぉおおおおおっ!」

女1「えー姫の幽霊?何それこわーい」
男1「大丈夫大丈夫ゆうてオレら空手部だし」
男2「こいつ昔見たんだって、なっ?」
マモル「…うん」
男3「その教会決行有名な心霊スポットでさー屋根の上にドレス着た女の幽霊が立ってるって」
女1「てゆーかぁねぇ」
女2「合コンで肝試しとかぁ?」
女3「下心丸見えなんですけどー」

男達「いやいやいやいやっカラオケとかもう飽きたっしょ」

マモル(何でこうなった…?)

392: 2017/03/02(木) 09:47:47.27 ID:Rf2XgSiL
再び教会
「お父さんこれは…?」
「知るわけないじゃん…わしが」
「でもこれあきらかにテレーズ様よ見た目」
「あ…やっぱり?」

二人「でも中身が…」

親父「ま、ギリ成功という事で…」
アンナ「いやっストライクゾーン広すぎるよ!」
親父「あと半分!いけるいける」
アンナ「何その謎のポジティブ!」
タイガ「あのー…これって…」
親父「いやいやびっくりしたねぇ安心したまえ、あとは君の意識を消してしまえば多分オールオーケー」
アンナ「お父さんっっ」

教会に合コンメンバーがやって来る

「あれーあいてねーじゃねーか」
「ここまできてありえなくね」
「誰かいませんかー」

親父「まさか…奴らがもう…」
アンナ「そんな…いくらなんでも…」
親父「とにかく私が出よう、アンナ」
アンナ「はい、あのテレーズ様は隠れて!」
タイガ「いや俺タイガ…テレーズ!?」

393: 2017/03/02(木) 09:48:16.52 ID:Rf2XgSiL
扉を開ける親父

男「あども、お祈りに来ましたー。俺ら次のレベルまでの経験値知りたいんスけど」
親父「帰れ、そして骨折しろ」
「いやいやいやちょっと雨宿りしたいだけなんすよー」
「何だね君ら通報するぞ」
「つーか神父さんっすか?神父っすよね?幽霊出るって聞いたんスけどー中に入れて下さいよー」
「知らん」
「またまたーめっちゃ噂になってますよ?」
「迷える子羊に肝試しさせてくださいよー」
「いい加減にしろよヒモなしバンジーでもしてろっ」

外の様子をうかがうタイガ
(あれ…マモルじゃね)
アンナ「出てきちゃダメですっ」
「中身はともかくあなた今テレーズ様なんだから、人に見られない方がいいわ」

見つめ合うふたり

タイガ(うわー鷺宮やっぱかわいいなー)
アンナ(タイガ君なのよね…?)

さきほどの告白を思い出し赤面するアンナ

「ほ…本当に何も覚えてないの?私に言った事とか」
「?鷺宮教えてくれ何がどうなってんだ?テレーズ様って…」
「し…知らないっ」

394: 2017/03/02(木) 09:49:05.60 ID:Rf2XgSiL
親父を押しのけて教会に入ってくる合コンメンバー
扉の前でうずくまっている親父
父に駆け寄るアンナに合コンメンバーが迫る

「お父さんっ」
「おおっ姫?」
「いやいや今のおっさんの娘さん?」
「ってか可愛くね?」
「すんませーんお父さん何か足つったみたいっす」
「なんなんですかあなたたち!」

(っておいおいウチの学校の制服じゃねーかヤバイヤバイヤバイこんな恰好みられたら──)
(死ぬ!コスプレ姫野郎として社会的に死ぬ!)

「ちょっと…やめて下さい!」
「いやいやいやお願いしますよ」
「なぁお前ら丁度いいよなこれ」
「困ってたんすよ俺ら3:4で」
「つーかどーよマモル姫幽霊いた?」

マモル「…やばい」
「こんなにはっきり見えたのは初めてだ…」
「何こいつキモいんですけど」
「いるよ!そこに!今オレ達を睨んでる!」

マモルが前方に指をさす
そこには怒りの形相のタイガがいた

395: 2017/03/02(木) 09:49:31.05 ID:Rf2XgSiL
「おい、鷺宮に乱暴したろ、今」
「出てきちゃだめって…」
「ギャアアアアヤバイ俺にも見えた!」
「ガチで姫の幽霊!」
「これ完全にヤバイやつじゃね!呪われる系じゃね!」

タイガに塩をぶちまける男達

「ぎゃああああ消えない!全然消えない!怖いいいいいい!」
「鷺宮に乱暴したろって聞いてんだ」
「いや1コもしてないですよ」
「気持ち的にしただろ、息がくさいとか」

追いつめられた男達は伏魔の剣(竹竿に果物ナイフをくくりつけお札をはった物)でタイガを攻撃
だがタイガは蹴りで伏魔の剣を粉砕しつつ男の側頭部に一撃を加える
そのまま得意のカンフーで残りの男もなぎ倒す

マモル(…つーか今のキレッキレのカンフーめっちゃ見覚えあるんですけど…)
(…しまったマモル!ついカッとなって忘れてた…バレたか?)
「ダメだ!このお化けカンフー覚えてる!ずっと隣の家見てたからだ絶対!」

マモルの一言で慌てて逃げ出す合コンメンバー

396: 2017/03/02(木) 09:55:33.40 ID:Rf2XgSiL
二人きりになったところでタイガに跪くアンナ

「よくぞ現世にお戻りになられましたね、姫」
「いやいやいや鷺宮、俺だよ俺!タイガ!さっき言ったろ!」
「いえ…姫様です」
「何言ってんだ急に」
「姫様です」
「ちげーって!こんなカンフー使う姫がいるかっての」
「姫様ですよ」
「ね?」
「…うん」

397: 2017/03/02(木) 09:56:41.94 ID:Rf2XgSiL
のちに俺は死ぬほど後悔することになる
この一言が俺の恋物語を波乱へと導くことになるのだから

本当に足がつってただけの親父もアンナに説得されタイガを姫扱いする

「いや何そろそろ上の者が来る時間でしてね、何も喋らなくてよいのでここはひとつ」
「今みたいな感じで姫としてよろしくねテレーズ様」
「いや…え?上の者って何?フリをしろってこと?」

ここでタイガの腹の音が盛大に鳴る

「おや…これは気づきませんで、アンナ姫に何かショコラでも」
「はい」

唐突にタイガの体が元に戻る

二人(戻っとる…)
親父(えぇぇぇぇl何故このタイミングでぇぇ!?)
アンナ(どうするのお父さん!もう来ちゃうわよっ)

マリー「何をしておる、早く支度をせんかショコラじゃろ?」
マリー「妾は空腹じゃ」

次週へ

404: 2017/03/02(木) 15:08:25.60 ID:nmraGVaQ
マリーの体の時は意識はタイガでタイガの体の時は意識はマリーってこと?
これただのTSじゃねえな

401: 2017/03/02(木) 14:34:11.65 ID:Cy6nGDms
バトルはいつ始まるのか?

402: 2017/03/02(木) 14:40:26.59 ID:Cy6nGDms
つうか何と闘うのか?

403: 2017/03/02(木) 14:59:17.09 ID:VEgZShWK
空腹とじゃないか?

407: 2017/03/02(木) 15:44:38.73 ID:kviFXEND
腹ペコでチャイナでツインテって神楽と若干かぶるな

405: 2017/03/02(木) 15:21:02.56 ID:Cy6nGDms
そもそも女主人公でどうやって闘うのかというタイガー兄から疑問
多分カンフーを使うのは予想つくけど

406: 2017/03/02(木) 15:41:50.91 ID:UNCzC5wY
読み切りみたいにそのうち拳法着に着替えたりすんのかな
・・・・らんまやないかい

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wcomic/1487727776/

▼関連商品


べるぜバブ コミック 全28巻完結セット (ジャンプコミックス)べるぜバブ コミック 全28巻完結セット (ジャンプコミックス)
田村 隆平

集英社
売り上げランキング : 12670

Amazonで詳しく見る