sc_2017-03-11 20_51_55


901: 2017/03/09(木) 13:39:01.37 ID:6eLADGvM
リュドシェルがネロバスタに
テレパシーをする

リュドシエル
『ネロバスタ…緊急事態につき
 早急に【天界】より増援を…
 【マエル】を呼べ!!』

だがネロバスタの後頭部には
ゴウセルの雷(矢)が刺さっており
呆然と突っ立っている

リュドシエル
『…どうした?
 ネロバスタ返事をしろ…
 ネロバスタ!!』

その時、リュドシエルの叫びで
ネロバスタの後頭部の雷が
バチッっと弾けてなくなる

正気に戻ったネロバスタが
天界の門を見るが…

ネロバスタ
(【天界】の門)が
 侵食されている…)

メラスキュラ
「もうじき【魔界】の門に
 刷新(さっしん)できるわ」

ゴウセル
「いよっ、名人芸♡」

メラスキュラ
「…変な褒め方しないで」

ネロバスタが顔面に
大量のに汗をかく

ネロバスタ
(まずい まずい まずい まずい
 どうしたら このままじゃ
 リュドシエル様に顔向けが…)


【ロウサイド】

ロウがゲラード達といる

ロウ
「やっぱり護衛が
 人間の俺じゃ不安か…?」

ゲラード
「そ…そんな…
 ただ少し…考え事を…」

ロウ
「気遣いは無用だぜ
 なんたってあんたの兄貴は
 妖精王様だ
 …どんな兄貴だい?」

ゲラード
「…とても優しい人
 私が困っていると

 いつもすぐ
 駆けつけてくれて…」

その言葉に笑顔になるロウ

ゲラード
(あれ…この人、どうして…)

ロウ
「ん?どした?」

ゲラード
「な…なんでも」

少し頬を染めて
顔を背けるゲラード


その時、ネロバスタがテレパシーで
妖精族、巨人族に話しかけてくる

ネロバスタは十戒を討つために
協力しなさいと言う

だが一同は十戒相手に
我々では無理ではと言う

ネロバスタ
『お黙りなさい!!
 いかな犠牲を払おうとも
 【十戒】を討つのです

 おそらく、この【十戒(2人)】は
 戦闘型(タイプ)ではありません

 数で押せば制圧可能なはず…
 早く!!』

巨人族&妖精族
「聞いたな皆!?
 俺達にもなんとか
 なるやもしれん!!

 やるしかねえか!!

 【十戒】を倒し恩寵の光を
 奪還するんだ!!

 おう!!」

ロウ
「ようやく俺らの出番か…」

そう言うとロウが歩き出す

ゲラード
「ロウ殿…?」

次の瞬間、ロウがナイフで
妖精族を刺し殺す

ゲラード達
「!?」

巨人族
「も…門番!!
 こいつを恩寵の光に
 近づけさせては…!」

城へと続く階段の道にいる
巨人族、妖精族を
人間達が皆殺しにする
階段下で驚くゲラード達

巨人族
「貴様ら…魔神族と
 グルだったのか…!?」

ロウ
「フ…魔神族とは目的が
 一致しただけさ

 俺達の目的はただ1つ

 【光の聖痕(てめえら)】の
 抹殺だー!!」

ゲラード
「…!!(汗」


【キング&ディアンヌ】

キングとディアンヌが
森を走っている

ディアンヌ
「皆…何か原因があって
 喧嘩しているんだろうけど…

 ただ生まれただけで
 悪い子なんていないよ

 大切な仲間が目の前で
 殺されたら誰だって…
 ボクだって許せない!!」

キング
「ディアンヌ…!

 …それにしても女神族が
 あんなに好戦的…

 というか高圧的な種族とは
 思わなかったけど」

ディアンヌ
「ボクも…でもさ
 エリザベスは違うでしょ?」

キング
「うん」

ディアンヌ
「それにメリオダスだって!」

キング
「…そうだよね」

キング
(メリオダスにだって…
 団長にだって複雑な事情が
 あるんだろう

 それをオイラは…
 魔神族ってだけで

 頭から彼を否定して
 しまっていたんだ…)

キング
「はあ…」

その時、森の茂みから
ゴウセルが現れる

ゴウセル
「ばあ♡」

キング
「!!」


キングとゴウセルが頭をぶつける
キングの頭にタンコブが出来る
ゴウセルのメガネが吹っ飛ぶ

ディアンヌ
「キング!?」

キング
「くおおお…っ!」

ゴウセル
「メガネ メガネ」

メガネを見つけかけるゴウセル

キング
「なぜ彼が
 三千年前(このせかい)に
 いるわけ?」

ディアンヌ
「キ…キミは誰なの!?」

ゴウセル
「俺の名はゴウセル
 はじめまして

 妖精王グロキシニア
 巨人王ドロール

 貴様らの情報なら
 貴様ら自身が知らぬ事まで
 頭(ここ)に在る

 くっくっく…
 はっはっはっ!!」

キング&ディアンヌ
「…(汗」

ゴウセル
「…どうだ?今のはかなり
 悪者っぽかっただろう?」

その言葉にずっこける二人

ディアンヌ
「も~~~~!!
 なんなのこのコ
 調子狂うなぁ」

キング
「…」

ゴウセル
「ははははっ、
 良い反応をありがとう

 だがこういう
 他愛のないやりとりは
 やはり愉快だ」

手をパンパンと叩き喜ぶゴウセル
それを不審そうに見るキング

キング
「…(汗」

ゴウセル
「許してくれ…
 悪気はなかった」

キング
(…ちがう)

キング
「ゴウセルじゃないな…?」

煽り
「溢るる感情、滾る違和感
 キング&ディアンヌ、臨戦態勢!

 豹変した人間(ロウ)と
 【無欲(ゴウセル)】

 彼らを止めねば!
 連合軍は壊滅の危機に!」

902: 2017/03/10(金) 14:08:44.04 ID:gV88pRay
やべー、ゴウセル一人のせいで妖精族と人間がグッチャグチャになっちまった
そういえばキングってまだゴウセルが十戒だったって知らなかったのか

903: 2017/03/10(金) 15:21:24.00 ID:M9l3EdG/
ロウはゴウセルに操られたのか

904: 2017/03/10(金) 15:23:12.82 ID:M9l3EdG/
光が刺さってないからやっぱ違うのか

905: 2017/03/10(金) 15:52:52.10 ID:m0eRS78Z
ロウがゴウセルに操られてるとしたらキングはゴウセルの事嫌いになる一方だな

909: 2017/03/11(土) 05:05:16.73 ID:9DN8F6JH
これキング達が現実に戻ったらまずゴウセル殺さなきゃ。ってなるんじゃないか

906: 2017/03/10(金) 18:53:39.75 ID:5F0Ux7My
操られては為さそうだけど……
メラスキュラやるやん

910: 2017/03/11(土) 14:07:38.79 ID:Op9OiAMv
ゴウセルじゃないな?ってのは感情があるから別人に見えたとかだろうか

グロキシニアが人間を憎む理由はこれでわかったようなもんだけど
いかにもバンの前世ですって感じのロウがこういうことしたのはなんでなんだろうね

912: 2017/03/11(土) 14:33:14.78 ID:oSKVDtfM
ロウ達はマジで自分の意思でやってる感じなんかな。だとしても狙いが分からんが

911: 2017/03/11(土) 14:09:40.18 ID:Op9OiAMv
というかゲラードがバンにきつく当たってたのってそういう…ことなのか

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wcomic/1477715359/



▼関連商品


七つの大罪(25)限定版 (プレミアムKC 週刊少年マガジン)七つの大罪(25)限定版 (プレミアムKC 週刊少年マガジン)
鈴木 央

講談社 2017-03-17
売り上げランキング : 1696

Amazonで詳しく見る