sc_2017-05-13 12_53_00


978: 2017/05/12(金) 18:59:19.09 ID:WjvkbZL/0
煽り
「世界の運命を決める戦い…
 アリババの妙案で異変が!?」

アラジン達の所へ
ウーゴがやってくる

ウーゴ
「俺とソロモンが
 イルイラーの魔力(マゴイ)を
 総動員して

 やっと1階層、次元の干渉に
 成功しただけなんだから! 

 そう…次元を繋げる魔法ぐらい
 ずっっッと昔に俺が考えたさ!

 でもあれには神一体分の
 魔力(マゴイ)が要るんだ!

 だから今また次元と次元を
 繋げる為には…

 ソロモンの創った世界を
 全部ルフに還す必要が
 あるんだよッッ!!」

アラジン&アリババ
「…(汗」

アリババ
「で、でもよぉ
 ウーゴくん」

アラジン
「ウーゴくんは
 完全に壊れちゃった
 わけじゃない

 混乱しているけど
 ウーゴくんなんだ…!」

落ち着くウーゴ

ウーゴ
「ねえ、
 聞いてくれるかい?
 アラジン」

アラジン
「うん」

ウーゴ
「そもそもね…

 世界の縦の壁を
 壊しちゃだめなんだよ!

 世界の向こうにも
 世界があるんだから…

 こっちの都合で
 侵入したら

 壁の向こう側の人に
 迷惑だろう?」

アラジン達
「!」

アルバ
「はぁ??
 順番を入れ替えて

 【あのお方】を
 貶めたくせに

 よくそんな事が
 言えるわね!」

ウーゴ
「怒らないでよ、
 アルバ!」

アラジン
「うーん…?」

アリババ
「そう言われてみれば…?」

アリババ
「僕達はイルイラーの事を
 物凄い悪者だと
 思っていたけれど…

 よく考えたら、
 僕達の思い込みなのかも
 しれないね

 だからソロモン王は
 【運命】をバラバラに
 したのかな…?」

アリババ
「えっ?」

シンドバッド
「…」

アラジン
「壊すって、いつまで
 壊し続けるのさ!?

 イルイラーの上は?
 そのまた上の人達は!?
 
 終わらない戦争と
 同じじゃないか!」

アルバ
「そうだ、お前達は
 傲慢なんだ!

 【あの方】をただの
 エネルギー体か何かだと
 思っているようだけど違う

 私には声が
 聞こえていた…

 意志はあるのよ!
 私達と同じよ!」

ウーゴ
「いや、同じではないよ

 上位世界の者達は
 俺達の【運命】を一捻りに
 できる力を持っている…

 だから俺もアリババくんと
 シンドバッドの意見に賛成だ

 世界の縦の壁は壊すべきだ…
 
 運命をこの手で
 勝ち取るべきだ」

アルバ
「私は反対よ!

 そうやってまた異次元の
 神の力を奪い

 新たな世界を想像し
 続けようというの!?
 ソロモンのように…

 私は永遠に
 滅ぼし続けるわよ!」

アリババ
「ね、粘着質!」

シンドバッド
「…」

ウーゴ
「【運命】は
 勝ち取るべきだ!!

 世界の縦の壁は
 壊すべきだよ!」

アラジン
「いいや、【運命】は
 独立すべきだ!!

 世界の縦の壁は
 むしろ厚くして

 僕達の世界を
 守るべきだよ!」

シンドバッド
「…」

シンドバッド
「さっきから聞いていて
 疑問に思うんだが…

 君達はなぜ、外の世界と
 コミュニケーションを

 取れない前提で
 喋っているんだ?」

一同
「コミュニケーション?」

シンドバッド
「世界を国に
 例えてみてくれ

 世界の縦の壁は
 【国境】だ

 するとアラジンと
 アルバが言うのは【鎖国】

 アリババとウーゴが言うのは
 【侵略】だろう?」

一同
「…(汗」

アラジン&アリババ
「…たしかにそうだな」

シンドバッド
「だが、異世界の生命体達も
 俺達と同様に…

 意志を持ち、社会を築き、
 異世界の存在に怯えている
 だけかもしれないじゃないか

 言語が通じないだけで…
 アルマトラン時代の
 異種族達と同じようにな

 その場合、俺達が取るべき
 行動はなんだ?」

一同
「…(汗」

シンドバッド
「もしかしたら

 互いの世界には
 存在しない資源を
 交換して

 有意義な商売すら
 できるかもしれない…

 なぜ、それに
 思い至らないんだ?」

一同
「!!」

アリババ
「そ…そうだな…」

アラジン
「ほんとだ…」

アリババ
「さっすが、
 シンドバッドさん!」

アラジン
「でも、おじさんも…
 世界の縦の壁を壊すだ!

 とか最初は
 言ってたじゃないか」

その時、シンドバッドが
アリババを見て何かに気付く
アリババの言葉を思い返す

アリババ
【皆でやればもっと凄い事が
 出来ると思うんですよね!

 確かに俺個人は
 シンドバッドさんより
 能力ありませんよ!

 だけど…残念ながら
 シンドバッドさんも
 俺に巻き込まれる人間の
 1人です】

アリババ
「いやぁ…さすが
 シンドバッドさんですね!

 俺1人じゃぜってー
 思いつかなかったと
 思うなぁ!」

にかっと笑うアリババ
それを見るシンドバッド

煽り
「はかりしれぬ器
 次号、運命が変わる…!?」

980: 2017/05/12(金) 19:17:39.63 ID:5p1qlVhf0
アルバ活発に議論に参加してて草

985: 2017/05/12(金) 19:57:33.11 ID:NVeBVt5v0
アルバも議論に参加してるのは微笑ましいな
正直こういうシーンが見たかった

987: 2017/05/12(金) 20:06:13.51 ID:c//X98e80
全人類を問答無用で洗脳して集団自殺しようとしたおじさん「君たちはなぜコミュニケーションを取れない前提で喋っているんだ?」

988: 2017/05/12(金) 20:17:26.57 ID:NVeBVt5v0
>>987
それは思った
でもまあアリババによって若干改心したんちゃう

989: 2017/05/12(金) 20:19:58.62 ID:QZEZPnrNa
未知の相手に対する国交的な話だろうけど
コミュニケーションしても無理とか仇なすと感じたらまた似た様な事するんちゃう

993: 2017/05/12(金) 20:37:36.95 ID:FIay2CQAp
コミュニケーション取れるかもしれないからやろうになんの?
取れなくて悲惨な事になる可能性も充分あるのに?

990: 2017/05/12(金) 20:24:03.16 ID:4cdobq8e0
ずっと前から思ってるけどマギのキャラは失敗した時のリスクを軽視しすぎでは

994: 2017/05/12(金) 20:39:58.13 ID:D3P36Adfa
>>990
それな
今回のも運命を一捻りにできる連中がいる縦の壁を壊したら
コミュ取れても取れなくてもこっち世界の人間にとってリスクしかないような
というか上位世界ってこっちが見えてんの?こっちは最下層で下は無い状態?
さっぱりわかんねえー

991: 2017/05/12(金) 20:25:03.17 ID:WjvkbZL/0
しかし上位存在って別の種族ってレベルで存在してるものなのかよ
どう考えてもアラジン案が一番こっちにもあっちにも良いと思うんだけど

992: 2017/05/12(金) 20:29:48.09 ID:D3P36Adfa
ウーゴ君の謎の心変わりも気になる


5: 2017/05/12(金) 21:54:18.46 ID:qaGQ5Iy4M
ウーゴくんもっと壊れてると思ってた

9: 2017/05/12(金) 23:22:19.98 ID:YUdpsXuw0
ウーゴお前手のひらクルックルだけどいいのか
ソロモンマンセーはもうやめたのか

20: 2017/05/13(土) 11:35:13.06 ID:hlNPIvlDd
ウーゴはそんな前から時空を繋げる魔法を発見出来たのなら他の時空からの干渉に対して完全不可侵を貫く魔法は開発出来なかったのだろうか

22: 2017/05/13(土) 11:41:51.10 ID:RXCVQ7cG0
>>20 
アリが地面に穴開けるのは簡単だけどブルドーザーで攻めて来る人間相手に 
巣は守れないってことじゃね

13: 2017/05/13(土) 00:53:06.80 ID:tzMWe7E/0
そもそも上位の世界の人々は下位の世界を認識しているのだろうか

14: 2017/05/13(土) 02:05:15.80 ID:Uc0btfnya
上位存在なんてのは要はシムシティプレイヤーみたいなもんじゃないのか?
ここで重要なのはその上位存在が世界を運営するに当たってどのような方針を打ち出しているかの確認
「より豊かに生命が溢れますように!」程度の思想なら勝手に絶望した魔導士がキチガイなだけだが…

18: 2017/05/13(土) 11:11:03.34 ID:FKwRaLXQa
やっぱりどう考えても運命対策はアラジンの言う壁を厚くする方法の方を模索する事にして
後は今までの問題に立ち戻ったら?と思う
自分らの世界は自分らの世界のみでどうにかしなさい

16: 2017/05/13(土) 07:59:51.74 ID:6LEqNtBb0
まずイル・イラーとコミュニケーションとりやがれ


▼関連商品


マギ 34 (少年サンデーコミックス)マギ 34 (少年サンデーコミックス)
大高 忍

小学館 2017-06-16
売り上げランキング : 198

Amazonで詳しく見る